· 

含金酸性染料(金属錯塩型酸性染料)

含金酸性染料(金属錯塩型酸性染料)とは

含金酸性染料は羊毛(ウール)・絹・ナイロンなどを染める染料で、酸性染料の分子中に金属を有している染料です。 色の耐久性は酸性染料より強いです。ただし鮮明な色を持つ染料はありません。

含金酸性染料 で 染められる素材

羊毛(ウール)・ナイロン・絹・皮革

※皮革は他の素材のように高温で染めることは出来ません。

含金酸性染料 の 染め方

順番 画像 説明
1 金属錯塩型酸性染料 染め方 01 含金酸性染料と酢酸を溶かして染液を作ります。
2 金属錯塩型酸性染料 染め方 02 染めるものを入れた後、温度を徐々に沸騰まで上げてよく糸を繰りながら30分間染めます。(染めている間は液温を沸騰に保ったままです)
3 金属錯塩型酸性染料 染め方 03 染色後、鍋から取り出します。色の着いた液が出なくなるまでよく水洗いします。
4 金属錯塩型酸性染料 染め方 04 脱水・乾燥で完成です。

含金酸性染料(金属錯塩型酸性染料)の小分け販売はコチラ