· 

05-05-染色試験の計量方法

染色試験の計量方法

染色試験における少量の染料を誤差なく計量する方法について掲載しています。

 

例えば、

10g x 0.01%o.w.f.を計算すると0.01gと非常に微量になります。

このような少量の染料を誤差なく測るには染料を薄めた液を使用します。これを「倍液」と呼びます。

 

以下の画像2例はいずれも同じ量の染料0.01gを測った例です。


5万円くらいする電子秤でも0.01gまでしか測ることができません。

そのため小数点3位以下が見えず、実際には0.011gや0.019gになってしまいます。

つまり誤差が非常に大きくなる可能性があります。

 

それに比べ染料を1,000倍に薄めた1,000倍液から10ccを測るやり方では誤差が非常に小さいことがわかります。

最悪ミスして11cc測ったとしてもグラムに換算すると、0.001gのオーバーにすぎません。

まあミスしてはダメなのですが....

 

 

倍液の種類

100倍液の作成方法

秤で計量
ビーカーで溶かす
メスシリンダーに移す
100ccピッタリに

1,000倍液の作成方法

100倍液から10ccをはかる
メスシリンダーに移す
メスシリンダーに水を加える
100ccピッタリに

10000倍液の作成方法

上記で作成した「1,000倍液」から「メスピペット」で「10cc」を計量して「100cc」に薄めます。

後の手順は「1,000倍液の作成方法」と同じです。

「倍液」を使用した計量例

布「5g」に対して染料を計量した場合

Red染料 1%.o.w.f → 100倍液 5cc
Yellow 染料 0.1%.o.w.f → 1,000倍液 5cc
Blue 染料 0.004%.o.w.f → 10,000万倍液 2cc

単位については「 染色で使う単位」のページで解説しています。

染料・染色講座 上級編 目次

 

染色にも料理にも大事な「レシピ」

 染色処方とは料理のレシピみたいなもの。

 

染色試験器具について

「はかり」・「鍋」など染色に必要な道具について解説しています。

 

染色でつかう単位

「浴比」・「%」などについて分かりやすく図解で解説しています。

 

染料の計算

実例だけでなく簡単に計算できる「染料自動計算フォーム」もあります。

 

・染色試験の計量方法

※現在、表示中のページです。

 

染色処方の見方

「折れ線グラフ」ぽい染色処方(レサイプ)の見方を解説しています。

 

カラーマッチング

「色あわせ」とも呼ばれる本番染色前の重要な作業について。

 

混色の理論

色の彩度を下げる?混色とは?について図でわかりやすく解説しています。

 

いろんな素材を黒染め比較してみた

綿や麻やウール。色の付き方、縮み方。

 

繊維の種類

各種繊維・テキスタイル(織物)の分類一覧表を掲載しています。

 

染料・染色用語辞典

染料や染色に関する用語の解説です。

 

個人様にはコチラ↓↓