· 

染料と顔料の違い

よく「染料」と「顔料」の違いってなに?というご質問をいただきます。

染料や顔料のように固有の色を持つ色素を「色材(しきざい)」と呼びます。

そしてその色材に分類される「染料」と「顔料」は上図のようにまったく別のものになります。

 

それではその違いを見てみましょう。

染料と顔料を「溶かして」比較

染料と顔料で「染めて」比較

染料」には繊維と結びつく性質があります。

これを染料の繊維に対する「親和性(しんわせい)」といいます。

 

顔料」には繊維と結びつく性質がありません。

そのため顔料で繊維に色を付けるためには「バインダー」と呼ばれる接着剤のようなものを混ぜて「着色」します。

つまり顔料単体では繊維を染めることは出来ません。

 

ただし顔料で染める「裏技」もあったりします。